« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 思いがけない花束を »

情熱と哀愁と自由

Blog2

情熱  哀愁   そして自由

 


そんなことを どどんと感じた
アルゼンチンタンゴのライブに行ってきました!

 

フランス語学校で一緒の JUNKO さんが所属している
Los Pollitos ロスポジートスというバンドのライブ。

 

じつは。。。
アルゼンチンタンゴのことはあまりよく知らなくって
「ジャッジャーッジャッジャ」という独特のリズムと
情熱的な男女のダンスが
脳裏のかたすみに うかぶ程度のイメージでした。

 

でも、
ライブでちゃんと正面から聞いてみると
なんだか なんだか、よかったのです!

 

うまく言えないけれど
日々の生活の中で
つらいこと、どうしようもないこと、報われないこと、
いろいろあるけど、それはそれ。
人生が続く限り、楽しんでいこうじゃない!!!
っていう つよさを感じました。
(ほんとうに うまく言えてませんが…)
 

ピアノを弾くJUNKOさん。
客席からは後ろ姿しか見えないけれど
かっこいい!

 

ダイナミックで ときどき  色っぽい演奏。

Blog3

バンドのみなさんは
普段は それぞれお仕事をされているそう。



みなさん、イキイキしてて
かっこいい!

Blog4_3   

 
演奏後の JUNKOさん。


赤が本当に似合っていて 素敵!

Blog6

 
そして、

ほろよい気分の わたし^^;

Blog7

いい 音楽、 人、 時間

生きている 今

できるだけ たくさん 出会いたいです♪

(よくばり …笑)

|
|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 思いがけない花束を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ステキです!!アルゼンチンタンゴ。私も大好きです。

昔から、母が大好きだったので、曲名とか内容を知る前に耳から音楽が入ってきました。
元気になれるので、掃除をするときはいつもアルゼンチンタンゴをかけてやっています!!(笑)

投稿: マチャ | 2010年1月13日 (水曜日) 09時56分

楽しい一夜をありがとう☆

情熱を感じたわ。JUNKOさんもとても素敵な方でした。パワフルなピアノ、見習いたいな。

最後の写真、チャーミング^^きっと腕のいいカメラマンが撮影したのね( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: dona | 2010年1月13日 (水曜日) 17時31分

マチャさんへ☆

こんばんは!
コメントありがとうございます♪

マチャさんはちいさな頃から
アルゼンチンタンゴを聞かれていたのですね~。
わたしは、超初心者です。
今回はじめて魅力に気が付くことができました!

掃除にアルゼンチンタンゴ、
すごくいい組み合わせですね!
考えてみると、お料理、キャンドル作り…
いろいろな生活シーンのなかで聞くには
掃除が一番あっているかもしれませんね!
さすがですー。


投稿: Le petit bonheur | 2010年1月15日 (金曜日) 01時40分

donaさんへ☆

こんばんは!
コメントありがとうござます♪

今思い返しても本当に素敵な一日でしたー。
お付き合いありがとうございましたconfident
JUNKOさんのピアノ素敵でしたよね。
もちろんハートもとても素敵な方です!
donaさんのピアノもわたし大好きです。
もちろんハートはheart04

写真はカメラ界の鬼才 Dさんにとって頂きました♪
ふふふwink

投稿: Le petit bonheur | 2010年1月15日 (金曜日) 01時45分

ラテンの音楽&ダンスは良い!フラメンコに共通するところがありますねー。眉間にしわをよせて哀愁・悲恋・苦しみなどネガティブな感情をすごいエネルギーに変えて爆発~~と思えば一気に浄化されて喜びに満ちたポジティブ・エネルギーに様変わり!!みたいな。日本で育った私だけど、心の中に眠っている情熱(?)をぐわっと突き動かされる瞬間がたまらないのでありまするhappy02

投稿: ほしのすな | 2010年1月20日 (水曜日) 14時19分

ほしのすなさんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとう♪

ラテン音楽好き!いいね。
自分の中には いろんな感情がミックスされていて、
繊細なものとか、日本的なものもしっくりくるし
好きだけれど、 ラテンの部分もたぶんあって
共感しているのかもーっておもったわhappy01
こうなると、ますますダンスが見てみたくなるなー。


投稿: Le petit bonheur | 2010年1月23日 (土曜日) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430999/32966550

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱と哀愁と自由:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 思いがけない花束を »