« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ひろがる プティ・ボヌール

Blog3_2

 

もう 去年の冬のことですが
とても うれしいメールを頂きました!

(本当は もっと早く ブログに書こうとおもっていたのですが^^;)
 

 

クリエイターズショップ&ギャラリー utteで開催された
ウエディングイベントで行った
キャンドル ワークショップに 参加していただいた方から。

  

ワークショップでは
ウエディングにちなんで
サムスィングブルーの カヌレのキャンドルを作りました。
 

 
その時、参加して下さったNさん、
じつは 数ヵ月後に ご自身の結婚式があり、
カヌレのキャンドルを 今のだんなさまと一緒に
ご自宅で 作られたのですって!

 

A

 

がんばって おふたりで作られたキャンドルを
ゲストの方に  手渡しされて。



おふたりの  ありがとう と ハッピーの 想いが
こうして キャンドルを通して
ゲストの方にひろがる。。。

 

もぅ、
本当に  素敵なこと。

 


Nさんの笑顔もすごく素敵。
  

Blog3
Blog2

 

Nさんから 頂いたメッセージ…

結婚式で手作りのものを
何かプレゼントしたいと思っていたのですが、
教えていただいたキャンドルは とってもかわいくて、、、
これだ!と思い 大変でしたが
彼と一緒にがんばって人数分作りました。
見た目は不ぞろいでしたが それも味で、なかなかよかったです。
みなさんにも とっても喜んでもらえました。


 

と  、メッセージとともにお写真を送ってくださいました。

 

Blog

 

キャンドルを通して
ちいさな幸せが広がるといいな。


 
そんな 想いをこめてつけた
Le petit bonheur  ル・プティ・ボヌール
(ちいさな幸せ)
というショップの名前。



すこしでも そのきっかけがつくれるとしたら
うれしいです。



キャンドルを手作りしてくださった
Nさんと だんなさま
本当に ありがとうございました!
おふたりが、そして まわりの方々が
いつまでも ハッピーでありますように!



そして

これからも  
キャンドルとちいさな幸せが広がりますように。

 
キャンドルの灯りを通して
多くの方が
ちいさな幸せを感じることができますように。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

渋谷のバーでキャンドルナイト

Blog2

今月


渋谷、神南にある 素敵なバー
Donna Selvatica/ドンナ・セルヴァーティカ さんで
キャンドルナイトをしていただいています。

 


2月の 月曜日 と金曜日
お店の 照明を落として
キャンドルを灯しています。



 

Blog3
 


上の写真は 試作です。

今回、何度か お店 に伺って
どんなキャンドルが合うか イメージを膨らませました。


(と、いいながら…
実は  お酒とショコラとマスターとのおしゃべりが
中心でしたけれど~^^;)

   
マスターと  色々 ご相談しながら
試作をして

 
その中で
赤のスクエアのキャンドルを
メインのテーブルに置いてみると
これが 合いますねー ということで
赤に決まりました。

(今回は赤ですが
色などを変えて
季節ごとのキャンドルを灯すことができたら
素敵です~)

 

 

ドンナのマスターは
とても上品でやさしくて  お話していると
なんだか ほっとするような お方です。



もともと 建築士をされてたということで
お店の内装も手掛けられていて。



ヨーロッパのアンティークの
テーブルと
座り心地のよい椅子。

 

心地のよい空間です。

 

誰かと一緒でも
ひとりでも
心から くつろげるとおもいます。

 

お店の奥の棚には
小さなギャラリーのようになっていて
その時々  マスターや奥さまが選ばれた
作品が飾ってあり
それが すごく素敵!

 

先日は
映画の公開にあわせて
モーリス・センダックの
「かいじゅうたちのいるところ」という絵本や
それにまつわる 作品が並んでいましたよ。

 

Blog

 

 

キャンドルの灯りと一緒に
ゆるやかで やさしい時間を
過ごしていただけたらうれしいです。







ドンナ・セルヴァーティカ
渋谷区神南1-3-3サンフォーレストモリタビル4F
03-6416-9272
平日 午後6時~午前2時(LO午前1時30分)
祭日 午後6時~午後10時(LO午後9時30分)
定休日 日曜日

http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13100624/

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

3人

Blog1

お友達と一緒
3人で 箱根に行ってきました。




雪が降りだしそうな
寒い中、

温泉と 食事と  おしゃべり。



空には どんより
重たい雲が広がっていたけれど
とっても あたたかくて 楽しい時間を過ごしました!

 

このお友達  ふたりとは おととし
屋久島と 徳島に 旅行しました。
 


屋久島では縄文杉を見に約11時間のトレッキング。
徳島では 阿波踊り。




旅行に行くと
良くも  悪くも  長い時間を共にするので
その人の  見えなかったところが見えてきます。



本当に  気持が合っているお友達とは
その時間の中で  どんどん絆が深まってゆくのだなあと
そうおもいます。

ふたりとは、 一緒に旅をするたび
(あ、ダジャレではありません  笑)

ああ 好きだなー、
大切だなー という気持ちが強くなって。
一緒にいると 安心して ダメな姿も見せられます。
面白い話は どんどん膨らんで  とまらないし、
責任感とおもいやりがあって
密かに 心のなかで 見習いたいな、とおもうことがよくあります。

 

そういうお友達が いてくれると
いろんなときの  勇気になります。
そんな お友達が近くにいてくれたら
それはもう シアワセです。

Blog4

ホテルの目の前に広がる
芦ノ湖。


朝ごはんの後
3人で のんびり眺めました。
ちょっと …かなり 寒かったけれど(笑)

Blog5

 

近くにある 九頭龍(クズリュウ)神社にお参りに。

 

3

この道を抜ければ 神社。

 

Blog2

鳥居の 朱色にハッとします。


そうそう、
ここで 友達の ひとりが
黒い鳥が水辺で 水を飲んでいる姿を見て
「わー綺麗な水鳥だねー」と。


その鳥、
どう見ても  わたしには カラスに見えます(笑)
もうひとりも カラスだと気づいて。


「綺麗なカラスだねー」という感じで
からかったら、
言いだしたお友達は
絶対にあれは 水鳥だといって
ぷくっとスネてました(笑)


すごくかわいかったです。


あのまま、水鳥ってことにすればよかったけど
スネてる姿が見れて楽しかったな。
( ごめんなさい!)

Blog6

お参りのあと


タクシーで  近くにある ホテルのサロンに向かい
ランチを。


後ろのテーブルに
年上の女性グループが
わいわい楽しく お食事を。
年を重ねても  こうして お友達と 旅行ができるって
いいなーと その方たちをみて おもいました。



お友達の存在の ありがたさに
ありがとう!!!

ふたりとも、ありがとう。

 

Blog12_5       

   

  

去年の暮のことですが
3人で お泊りパーティーをしたときの写真を。

とても気に入っているので
季節はずれだけれど 載せちゃいました!

Blog13

 

すごくかわいい。
そして これをみると
クスッとしてしまいます。


この夜も おもしろエピソードが たっぷりでしたので!

 

今、このブログを書きながら
お友達でいてくれる みんなに
感謝の気持ちがたくさんわいてきました。
ありがとうございます。

 
これからもっと 仲が深まりますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

旅するショコラ

Blog1

ショコラの旅に行ってきました!

 

いつもお世話になっている COOKCOOPさん主催の
ショコラのイベントです。
 

ショコラが 大好きな方、 たくさんいらっしゃるとおもいます。
わたしも  もちろんその中のひとり。
ですが… 知識というと、 それは ほとんど ゼロなのでした。

 
ラ・メゾン・デュ・ショコラ、ジャン・ポール・エヴァン、
ピエール・エルメ…
美しくて 美味しいとおもいますし、
最近は 近所にある、テオブロマに時々足を運び、
板チョコレートならコートドールが大好きです!
ただ、おいしいショコラを 食べられれば それで 満足、
今まで そうおもっていたのですが…
 

渋谷の素敵なバー 「 ドンナ・セルヴァーティカ」さんに
伺った日のこと、
これまた 素敵でダンティーな マスターが 
お酒のみならず、 ショコラにも大変お詳しく、
お話を伺いながら  ヴァローナを一粒一粒を味わってみると、
カカオの味の繊細さと 深さに気付き、 感動してしまいました。
なんだか新しい扉が開いた感じ。

  

そんな矢先、COOKCOOPさんから こんな素敵なイベントのお知らせが!
これはもう、参加しないわけにはいきません~。

  

 

旅するショコラ~イタリアDOMORIの魅力~

 

DOMORI(ドモーリ) 創設者 ジャンルーカ・フランゾーニさんと
ショコラ&食文化研究家の小椋三嘉さんとの
旅とショコラをテーマにした対談形式のイベントでした。
 


(DOMORIは 100%カカオのチョコレートを世界で初めて実現させたブランドなんですって!)

 

カカオが原産された土地と、 カカオ豆についてのお話を伺いながら
実際に その ショコラを ティスティングするという
なんとも 贅沢な内容。


しかも、しかも、 作られた ご本人の言葉を聞きながら♪




全部で9種類のショコラをティスティングしました。
(内、6種類がカカオ70%のものでした)
特に 口から鼻にかけて、今までにないくらい  集中させて、
色、香り、味を 感じながら 食べ比べてみてみると…
カカオによって 味の印象が変わるのが わかりました。

 

途中で注がれたワインと合わせたり
カフェと合わせたりも。
(これも贅沢)

 


なにより驚いたのは
最後に出てきた、カカオを使った ショコラ ショ(ホットチョコレート)です。
ドロドロとしていて、 なかなかカップから離れないほど濃厚で。
そして熱を加えたことで、カカオの香りが 一段とつよく  強烈に。
こんな ショコラ ショ、はじめて!!!

  

わたしが ショコラですばらしいとおもったのは、
味だけでなく、美と健康の味方になると いうところ♪

 

もともと古代中南米では ショコラとハーブを混ぜ
漢方薬のように使っていたといいます。
ヨーロッパでも 薬剤師さんが 処方していたのですって。


小椋三嘉さん著書の「高級ショコラのすべて」
にも ショコラの効能 のことが 書いてあります。

Img_8105
 

それを証明するように、 ショコラを 毎日食されている
ジャンルーカさん  小椋三嘉さん おふたりとも
お肌がつやつや、お身体も ほっそりされていました!
チョコが太るというのは、食べ方にもよるみたいですね。
身体のことを考えたら カカオ分が高いものが よいようですよ!



今まで、ミルクチョコレート派だった けれど
ダーク派に 早変わり。


(でも… やっぱり 甘いものも 大好きです~笑
 美味しいですものね♪ )



これから、あらためて さまざまな ショコラを食べるのが楽しみです~♪
そして、もっと ショコラのこと、知りたくなりました。





イベントにご一緒してくれた megさんと♪
楽しい時間を共有できて シアワセでした。


Blog2

megさんはカメラマンさん。
優しいまなざしを感じる とても 素敵なお写真を撮られてます。
 


この日、
megさんから うれしい プレゼントをいただきました!

Blog20_2

去年の秋に 購入してくれた、白うさぎのキャンドルの写真。




雪が降った この日の朝、
忙しい、わずかな時間の中で、撮影して プリントをしてくれて。
(これは 写真の写真、なので ぼんやりしちゃっていますが …^^;)

 

じつは、このキャンドルを購入するときに
雪が降ったら、キャンドルと一緒に撮影しようとおもってたのよ、と打ち明けてくれて…
そうおもって選んでくれたことを知り、うれしくて 心がウルウルとしました。
 

 
雪をみつめる ちいさな うさぎのキャンドルは、
この写真の中で まるで生きているようで、
なんだか 暖かい。
どきどきします。


そして、この一枚の写真から ふたりで素敵な計画を思いつきました♪
いつか、形になったら お知らせいたしますね!!!
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »