« Expositionとソワレの夜 | トップページ | 驚きのパリの演出 »

いつもどこかで ずれている

Img_0098

  

いつも  いつも
どこかずれているわたしですが

   


それは日本でもフランスでも
変わりません(笑)




先日の  展示に駆けつけてくださった
アンティークショップのオーナーのグイさん。




わたしが滞在している
アパートの近くで ブティックを経営されています。

  

アパート暮らしが始まって2日目、
たまたま お店の前を通りかかり
ガラス越しに目に入った   かわいい置物に惹かれて
フラッと  扉を開いたことが  はじまり。

  

Rimg6028

 

そこにグイさんはいらして
はじめは  商品の質問をさせてもらっていたのですけど
いつの間にか世間話に。

  
グイさん、2回  日本に旅行されたことがあるそうで
旅行のお話で盛り上がりました!


(たどたどしい  フランス語で…笑)

 

Rimg6069

  

グイさんは  とてもとても やさしく  お父さんみたいな方で
いつも 笑顔で  鼻歌を歌っているような方です。
そして とても礼儀正しい方です。

  

 
週に2~3日しかお店にいないとおっしゃっていたので
つい2日前まで
わたしはてっきり アルバイトの方かとおもっていました。
(失礼すぎです・・・)





その後、
わたしがアパートのオーナーさんのExpositionに
急きょ、キャンドルを置かせていただけることになったので
そのことを グイさんに伝えると、
ぜひ見に行きたいとおっしゃってくれました。

 

  


Expositionに来てくださって  キャンドルを見ていただきました。
そして帰り際に、
明後日はお店にいるので、ぜひ来てくださいね!
とおっしゃるので
わかりました、とお返事して
当日、 ふらりとお店に伺いました。


 

Rimg6071_2





「ぼんじゅ~」
とご挨拶のあと

  
週末に開催されるシャンゼリゼ通りでの
展示(祭典?)の話題に。
雑誌の記事など見せてもらい、
なんだか 楽しそうだなぁとおもっていたところ、、、

  

突然
あなたのキャンドルを販売しませんか?
とおっしゃって。



 
この流れのなか、
もしかしたら、そのイベントで 
キャンドルを販売してもらえるのかしら?
とおもい、
ドキドキしながら
喜んでお願いしたいですと  伝えました。

  

 

Rimg6072_2




すぐに  アパートに帰り キャンドルを抱え
お店に持っていき、
値段はどうしますか?などと
いろいろやりとりをしながら 、値札をはってくださって。

 

 

Img_0088

 



するとグイさんは、キャンドルを持ち上げて、
お店の棚の上に  並べはじめ。。。

 
あら、これって…
もしかして、
このアンティークショップで 販売してくれるということなのでしょうか?
もう一度伺ってみたら、
やっぱりそうでした。

 

Img_0089





それは突然のできごとで
なんだか  普通すぎるくらいに
するりと 流れてゆき、


 
ずっと描いていた 
フランスでのキャンドルの販売が
パリ の16区にある
ステキなアンティークショップで はじまりました。

 

Img_0092




なんだか、
なんだか
いいのでしょうか。


  
あまりにも  普通に流れていったので
感動する暇がないくらいでした。
だけど、これは   
ここに来る前には  想像もしなかったくらい
すごいことかもしれません。

 


でも 今は 
うれしさと一緒に
ここから もっと  心の姿勢を正さなければ 
という 気持が 湧いてきます。

 

 

Rimg6073

 

グイさんは  また、
こないだ Expositionに招待してくれたお礼に と
小さなプレゼントをくださいました。




かわいい包みを 開けてみると…
わたしが はじめてお店に伺ったとき
値段を聞いて   思ったより 高く
そのときに 購入をあきらめていた  物でした。

( といっても すごく 高価なものではないのですが。
  3つで8ユーロとおもって  買おうとおもったところが
  
  1つ 8ユーロ だったので もう少し 考えてから購入しようかなって
  思っていたものなのです)

 

Img_0104

  

そのことを、覚えていらっしゃったのか、
わからないのですが…

 
ふらっと  入ったわたしのような  見知らぬ外国人に
こうして  あたたかな気持ちをくださるなんて、
驚きとともに 
ありがたい気持ちでいっぱいになります。

  

Img_0119






わたしもお返しにと
ちいさなちいさな ショコラの箱を購入して
昨日  お渡しさせてもらいました。

 

小さすぎるお礼ですけれど^^;



Img_0153

 

それから、グイさんのショップで
気になっていた このエッフェル塔のしおり
最後の1つになっていたので 購入しました。

あと、海の柄の小さな小箱。
ふたを あけると
かもめと さざなみの音がして
とっても  かわいらしいです!



   

きっと、これからも
ちょこちょこ  買い足してゆくことになりそうです(笑)




 

お店は
小さなものから  高価なものが
整いすぎずに、 仲良くならんでいて
暖かくって  居心地いいです。

  

 

Rimg6077

 


ぜひぜひ
パリに来られる方、足を運んでみてくださいね。

OPUS 21
adress:18,rue Duban 75016 Paris
tel:0146479925
e-mail:cdgdg@aol.com

営業日
月曜-土曜
11hから13hと15h30から19h
日曜日
11hから13h
(Passy通りの裏の通りです)

 

月曜日は定休日なので お気をつけください。
それから、お店はランチ休憩を挟みますので
ご了承くださいませ。

   

(グイさんに許可を頂いて写真撮影&ブログに掲載させてもらいました)

 

Rimg6079

   

パリに来てすぐ、 こんなにキャンドルのことを
書くなんて  おもいもよらなかったけれど、
不思議な偶然て  あるのですね。



でも、パリブログを楽しみに来てくださったかたには
キャンドルのことばかりで  すみません~。



パリの楽しいあれこれも
いろいろ書いてゆこうとおもいますので
ぜひ お付き合いくださるとうれしいです^^

|
|

« Expositionとソワレの夜 | トップページ | 驚きのパリの演出 »

キャンドル」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ステキです、ステキです、すてきです!!
時間がゆったり流れている中で、すてきな出会いがあり、すてきな語り合いがあり。。。。
本当にわくわくしながら読ませていただきました。
心に余裕を持つことって大切ですね。
私も灯り展に向けて、、、でも心がざわついています。
もっとゆったりとした心で準備しようと思いました。
また、寄らせていただきます~

投稿: matya | 2010年5月27日 (木曜日) 17時10分

すごい!どんどん繋がっていくね!
ぶうやんのキャンドル、アンティークショップにとっても馴染んでるね。
ずっと前からそこにあったみたいに。
前世とか言い出すと怪しいかもだけど、なんかきっとパリとはご縁があるんじゃない?
いつもの可愛らしいテイストとは違った、シックなキャンドルを創ったのも大正解だったね。
これからもどんな出会いがあるのか、日本から楽しみにしているね☆

投稿: jyakurin | 2010年5月27日 (木曜日) 21時07分

すごいですね~(≧∇≦)素敵なお話がまた増えた♪
まるでドラマのような展開に目がはなせないhibbyです(笑)
いえ、笑い事ではなく ホントに^^
私まで嬉しくて、色々 書きたいところですが・・ぐっと飲み込んで^^;
これからも楽しみにしてます♪

投稿: hibby | 2010年5月28日 (金曜日) 10時50分

お~~~、今度はパリの店頭に並ぶなんて~sign03
それもとっても素敵なお店でheart01

ぶうやんちゃんのキャンドル、お店の雰囲気にピッタリあってるよーhappy01

投稿: ばやし | 2010年5月28日 (金曜日) 12時52分

matya さんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとうございました♪

いつも長々~とした長文のブログですけど
読んでもらえてとっても嬉しいです~。
「余裕」ってとても大切なことなんだとわたしもおもいます。
とは言うももの…
渦中にいると なかなかそうはいかないわけで^^;
でも、こうした出会い、それから発想やインスピレーションは
余裕を持てている時にこそ、出会うことができるのかなぁって
そんな気がします。
わたしはまだまだ、慌ててしまって~。
何度も経験を繰り返してゆけば、
少しは余裕が持てるのでしょうかね~。

灯り展、もうすぐですね!!!
matyaさんも参加されるのですね~。
見にいけなくて残念ですけど、
ぜひブログでご報告してくださいね~。
matyaさんらしいキャンドル、楽しみにしています!

投稿: Le petit bonheur | 2010年5月30日 (日曜日) 18時04分

hibbyさんへ☆

こんにちは!
コメントありがとうございます♪

ドラマのような…なんて(笑)
こっちにいると、本当に、時間がの流れがゆったりすぎて
気がつくと1日が終わっていることもあります^^;
今日わたしは何をしていたんだっけな?ってことも(苦笑)
なんだか、もったいないような気もするのですけど~、
でも、パリの公園や街をお散歩していると
なんだか贅沢なうれしい気持ちになります~。

いつも長文ブログなってしまうんですけど…^^;
ぜひまたの訪問お待ちしてますね~!

投稿: Le petit bonheur | 2010年5月30日 (日曜日) 18時13分

雀鈴さんへ☆

こんにちは~!
コメントどうもありがとう♪
(順番を間違えてしまったーーーごめんなさい)

フランス…前世との繋がりがあるのかなぁ。
相変わらず、言葉は苦戦!なんだけどね。
急に思い出して、ぺらぺら~って話せるといいのだけど(笑)
でも、こうした出会いには本当に感謝だよ。
まだ、ここに来て、日が浅いのに 不思議な感じ。
でももしこれが旅行だったら、きっとできなかったことだけど、
留学だからこと、できたことなんだなーっておもうと
やっぱり来れてよかった!本当に。

アンティークショップ、ステキでしょ!?
キャンドル、なじんでるなんてうれしい!
ありがとう。
確かに もし、かわいい系のキャンドルだったら、
ちょっと雰囲気違ったよね(笑)
キャンドルがもし売れたら、ワインで乾杯しましょうねって
グイさんとお話しているの。
本当に、誰かのところに旅立ってくれたらうれしいなぁ~。


投稿: Le petit bonheur | 2010年5月30日 (日曜日) 18時22分

ばやしさんへ☆

ボンジュー♪
コメントありがとうございます!!!

アンティークショップ、とてもステキなんですよー!
オーナーのグイさんがオークションなどで厳選したものが
あちこちに置いてあります。
アンティークにまぎれてちょこちょこ、
いまどきのかわいい雑貨なんかもあって楽しいです~♪

キャンドル、似合ってますか?
うれしいです!
本当に、この機会に感謝感謝です。

投稿: Le petit bonheur | 2010年5月30日 (日曜日) 18時26分

ぼんじゅ〜る♪

Blog覗いてひとりニヤけていたけど初コメです。
沖縄のMだす!よっ♪\( ̄∇ ̄)

セーヌ河に溶けまくってるね〜ぶぅやん!
偶然ではなく
ぶぅやんはちゃんと流れに乗っているんだよ!きっと。

パリへの留学・下宿先・学校その他諸々。。。

どれかひとつでも欠けていたら
今日に繋がっていなかったかも知れないな〜
なんて思うと
ひとつひとつの出逢いに感謝だね (〃⌒ー⌒〃)
パリで作ったキャンドルも凄く素敵じゃ♪♪♪

パリで広がったぶぅやんの中のHappyを
どんどん広げてもっともっと繋げていって下さいな♪

限られた残りのパリ生活を
HappyにFunkyに一日一日を大切に過ごして下され!(*^v^*)b


投稿: maju69* | 2010年6月 2日 (水曜日) 17時41分

きゃあ~、おめでございますheart04
展示会に引き続き、またまたすごいですねshine

読み進めながら、私もドキドキドキドキしちゃいましたclover


ぶうやんさんのセンスとお人柄、
そして積み重ねてきた努力が、
少しずつ、でも確実に、
夢を現実に繋げていっているのだと思いますshine

またいろいろと新たな出逢いがありそうですね♪


キャンドルのお話も、パリのお話も、
どちらも興味津々で拝見させていただいていますよー!
これからも楽しみにさせていただきます♪

投稿: anzu | 2010年6月 2日 (水曜日) 23時51分

maju69* さんへ☆

ボンジュ~!
わ~!コメントありがとう!!!
ブログも見てくれいたんだね!
すごくすごくうれしいよ、ありがとう。

ほんとうに、ひとつひとつの出会いとか出来事は
きっと 流れだったり、ご縁だったかもしれないね。
今のアパートだって、急きょ変更になって
決まったところだし、ここに住まなければ グイさんにも
きっとお会いできなかった…。

日本は大好きなのに
帰国の日が近づいていることを自覚すると
なんだか寂しくなってしまう。
でも、寂しくなってる場合じゃないね。
ここにいる間に、できること やってゆこう!
maju69* さんのコメントで 大きな勇気をもらったよ。
ありがとう!!!
happyにfankyに、ね。

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月 5日 (土曜日) 17時29分

anzuちゃんへ☆

こんにちは!
やさしいコメントをありがとう♪

本当に…
パリに来て大切な出会いをさせてもらうことができて感謝だよ。
これからも ひとつひとつを
大事にしてゆきたいなとおもってます。

フランスのセンスが大好き、やっぱり。
おおざっばなのに、バランスが絶妙なんだもの!
でも日本のよいところも、いろいろ見えてくるよ。

これからもブログ、遊びにきてくれたうれしいな~。
ありがとうconfident

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月 5日 (土曜日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430999/34891672

この記事へのトラックバック一覧です: いつもどこかで ずれている:

« Expositionとソワレの夜 | トップページ | 驚きのパリの演出 »