« ある日のリュクサンブール | トップページ | パリの音楽祭 »

パリのお父さん

Rimg6288_3

  

グイ(Guy)さんは
まるで パリのお父さんのようです。

  

グイさんが 経営されている
アンティークショップで
出会ってから、1ヶ月ちょっと 経ち…

 
 

あれから 週に1・2度お店に
顔を出しては  ちょっぴり おしゃべりして
帰宅するのが  日課になりました。

 

わたしのフランス語は 日によって
調子がよかったり  ダメだったり。。。
(といっても、もともとのレベルが低いので
たかが 知れているのですが~笑)

 


調子が悪いとき
ガクンと落ち込んでしまうのですが
(特に ジョークを言われたときに 面白い言葉を
返すことができなかったときは…)
グイさんは いつも 笑いながら   大丈夫 大丈夫!と
やさしい笑顔で言ってくださって。

 


いつもより調子がいいと
今日は たくさんしゃべれるね!
「Bravo!」(ブラボ!)と褒めてくれるので
すごくうれしくなります。

 

元気なとき
風邪気味で ダウンしているとき
落ち込んで ガクッとなっているとき

  

 
いつでも変わらず
丁寧で やさしくて
鼻歌を歌っているグイさんとお話すると
本当に ほっとして。

 
 

この1ヶ月半のなかで
グイさんの存在にはたくさん励まされてます。
こんなに短い期間なのに
今では わたしにとって
パリのお父さんのような存在です。 



   

 

お店に キャンドルを置いてくださっているほか、
日本人の お友達と一緒に
ご自宅のディナーに招待してくださったり、

 
 

(テラスでの お食事を
グイさんは  ピクニックと 呼んでました♪)



 
そして 今日は
IL de la Jatte(イル・ドゥ・ラ・ジャットゥ)の
La fete des arts (アート祭)へ
一緒に行ってまいりました。





ますは お昼に グイさんのお店で待ち合わせをして
グイさん宅の テラスでピクニック。




今日は テラスに  お客様が…
ラブラドールの アニュック。
妹さんが旅行している間だけ
預かっているのだそう。

 

Rimg6242_2

 

女の子なのだけれど
とってもやんちゃ。


そこがまた、かわいいです。

 

Rimg6237_2

 

アニュックは  食事中
テーブルの上が気になって 仕方がなく
とんだり 跳ねたり 大変でした(笑)

  

Rimg6245

 
デザートのあとで
アニュックと一緒に 近所の公園に
お散歩へ。



車から 降りた瞬間
彼女は  公園中を すごーい勢いで
駆け回って!!!



草の上を ピョンピョン 飛び回るので
まるでウサギみたい!と
グイさんと一緒に大笑い。





それから、
車に乗って アート祭に向かいました。

 

Rimg6246_2

  

40人のアーティストのブースが
ずらりと 並んでます。
 

人も多く、
なかなかの盛況ぶりでした。

 

Rimg6248

 

ブースのなかで
ワークショップを開いているところが多く、
楽しそうだったなぁ。

Rimg6279



なぜだか
習字のワークショップのブースもあり
小さな子供たちに 人気を呼んでいました。




ガラスの実演のブースでは
大人のみなさまが釘付けに。
作家さんが トンボ玉のようなものを
作っていました。

Rimg6253

  

そして… 

以前  アパートのオーナーさんの展示会で知り合った
グロリアさんの作品。

 

Rimg6251

 

今日のわたしが一番好きだったのは
上の  白鳥の 作品でした。
特にブルーがの色あいが。

  

Rimg6086

  

グロリアさんの作品を見るのは2回目でした。

 


前回のレストランで開催の個展にも
お邪魔してきたのです。

 

Rimg6092

 

↑は パリのお父さん(笑)

 

  
アート祭の敷地内 にあった
ちいさな水族館も覗いてみました。

  

Rimg6258

 

動いている魚の写真は
難しいですねぇ。

 
Rimg6256_2


 

Rimg6263_2

 

鯉ってフランスでも
「KOI」と呼ばれているのでしょうか!?
おもしろい。。。

 

Rimg6277

 

会場のわきに流れる
セーヌ川沿いには
たくさんの 船が並んでいました。



なんと、
この船は家なのだそうで…
ここに住む人たちのことは
「ぺニッシュ」と呼ばれているそうです。

 


今 ぺニッシュは フランスをはじめ
ヨーロッパで人気を呼んでいるようです。

  

しかも、ちゃんと運転もできるのだそう! 

 
 

Rimg6287_3

  

グイさんの説明によると
(わたしの ヒヤリングなので
かなり  あやしいのですが…)

  
このあたり(IL de la Jatte)は
20年前はほとんど何もなく
ちいさな平屋があるだけで
家賃はかなり 安かったそうですが
ここ近年は 人気がでて
いきなり高騰してしまったそうです。
(たぶん…違っていたらごめんなさい。)

 

Rimg6291

 

パリ市内では  あまり見ることがない
一戸建ても たくさん 。
かわいいです。


(といっても、ここはパリ市内ではなく
パリにほど近い 郊外なのですが~)

Rimg6289_2

 

アート祭にきたのか
観光しにきたのか
よくわからなくなってしまいましたが




のほほんとした
時間を過ごしました。



そういえば、子供の頃
父親と  こんなふうに
日曜になると  よくお散歩したものです。



懐かしいなぁ。


(大人になった今も  ときどき 一緒にお散歩してますが…。)

Rimg6187 

  

グイさん宅の テラスから見える
エッフェル塔の イルミネーション。
お友達とディナーにお邪魔したときのものです。

  

1時間に一度
チカチカっと 光り輝いて
とってもきれいなのですが
写真だと 難しいですね。。。

   

   

パリで グイさんと出会えたことは
奇跡みたいに感じます。

どんなときも  あたたかい パリのおとうさん。

 
  


人生 どんな出会いが待っているのかなんて
その時がこなければ  本当にわかりませんね。

  

  

それから パリで出会った お友達もしかり。
日本のお友達や家族の存在も
あらためて 大切だなと感じます。

  

 

パリにいると
良くも悪くも  気持ちが むき出しになり
たくさんの想いと 向かい合うのです。
とくに うれしさは 本当に心に沁みます。

 



だからこそ
仮に、悲しい気持ちになったとしても
安心して 悲しくなれる気がします。




明日も  すてきな一日になりますように。

|
|

« ある日のリュクサンブール | トップページ | パリの音楽祭 »

PARIS」カテゴリの記事

コメント

アート祭、面白そうだね~♪
魚とエッフェル塔の写真、ピンボケ具合がなんともアートしているよー!!

日々、のんびりと充実しているね!

投稿: めかぶ | 2010年6月14日 (月曜日) 22時36分

読んでいて、なんだか心がじゅわーんとなりました。

パリで本当にヨイ時間をすごされているのですね。


ステキな出逢いがあるのは、ぶうやんさんだからこそだと思います。
きっと、グイさんはぶうやんさんがかわいくて仕方がないのでしょうね☆


動きのある写真、かえってリアルでヨイですよ~!
ぶうやんさんの見つめたものをこちらまで伝えていただけて、
バーチャルパリみたいな感じがとっても楽しいです。


それにしても、デザートがとってもおいしそうですねぇ…
このみどりはピスタチオか何かなのですか?
さすがお菓子の本場ですねぇ~、思わず画面に手をのばしたくなっちゃいました(笑)

投稿: anzu | 2010年6月15日 (火曜日) 22時42分

グイさん素敵〜☆

なんかお話聞いてるだけで、会ってみたくなります。温かいかたなのですねhappy01

写真で、Le petit bonheurさんの近影も見れて、お元気そうで良かったheart04

明日は展示会の搬入でドタバタになりますが、束の間の癒し時間を、ブログにて満喫させて頂きました〜sign03

ありがとうございますnote
お陰さまで、すごくリラックスできましたbud

追伸
フランスから日本から〜では、ハッピーなニュースも続々で嬉しいですねheart04

投稿: meggy | 2010年6月16日 (水曜日) 16時35分

めかぶちゃんさんへ☆

こんにちは!
コメントありがとうございます~♪

パリの とくにブローニュあたりを車に乗せてもらって
走っていると 本当に気持ちがよくて
気持ちがくにゃっとなります~。

アート祭、規模が大きすぎずに ゆったりで
楽しかったです!
写真、アートみたいなんてー
思いがけず褒めてもらえてうれしーです♪♪
わいわい。
メルスィ ボク~。


投稿: Le petit bonheur | 2010年6月16日 (水曜日) 17時03分

anzuさんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとうです♪

わー、わたしはanzuさんのコメントに
じわ~んとなりましたよー。
そして 毎回のながい文章に
付き合ってくれてありがとう…!
あー出会いが楽しいなって
心からおもうパリです。
あ、デザートの緑いろは
ミントとメロンなのよ。
ミント風味のクリームの下に
まるくくり抜いたメロンがコロンて敷いてあるの。
ピスタチオかなって、わたしもはじめは思ったよ。
すごくおいしかったー。
あー、できることなら anzuちゃんにも
今すぐお届けしたいー。


投稿: Le petit bonheur | 2010年6月16日 (水曜日) 17時15分

meggyちゃんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとう♪

…って、meggyちゃん 搬入前の忙しいときに
ブログ読んでくれて、その上コメントまで残してくれて
ほんとうにありがとーうweep
わたしはグイさんはじめ、うれしい出会いにめぐまれて
たのしく過ごしてまーすhappy01
パリのおとうさんいつか機会があったら
一緒にあってもらいたいな。
グイさんはところどころで ジョークを言うので
meggyちゃんとのやりとりを見てみたいー。
明日からの展示も、がんばってねー。
落ち着いたらブログで紹介してね!
楽しみにしてますshine

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月16日 (水曜日) 17時22分

あぁ、なんか。

「安心して悲しくなれる」

って言葉にずーーんと心を射られてしまった。

投稿: neko_ebi | 2010年6月17日 (木曜日) 00時09分

「安心して悲しくなれる」っていいなあと思っていたら、
↑の方がすでに書かれている!とってもいい言葉~。
なんかグイさんとの出会いは、必然だったのかもね。
どこにいても、出会うべき人には出会うものなのかも!
それもぶうやんがパリでも日本と同じように
人と触れ合っているからだと思うよ。
どこにいても心を開いていることが大切なんだね。
良かった良かった、そっちでも天使に見守られていて。

あと私もデザートに反応してしまった・・・。
ミントとメロン・・・夏らしくてすごく美味しそう!

投稿: jyakurin | 2010年6月17日 (木曜日) 08時21分

neko-ebi さんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとう♪

なんかね、ひとつのきっかけがあって
今まで ずっと出て来れなかった気持ちが、
どっとでてきてしまったの。
でもね、
悲しさに おぼれてしまわないことは
どこかでわかっているし、今のうれしさを逆に感じられる。
こんな気持ちになるのは
今だからなんだなーっておもった。

共感してくれて、すごくうれしい。
ありがとう。

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月17日 (木曜日) 18時12分

jakurinさんへ☆

こんにちは!
コメントどうもありがとう♪

本当に、出会いって
不思議だけど 決まっていたことのような気もする。
そして、このときを待っていたかのように
気持ちがどっと出てきて、今はそれをただ自然に
流して あらためて確認しているような感じだよ。
でも、たぶん 東京にいたら 時間がなかったり
違うところに気持ちが向いてしまってたりで
こんな風に向き合うことはなかなかできなかったかも。
パリに来ることは、必要だったんだなーって
あらためて感じてるよ。

ケーキ!
めちゃくちゃおいしかった。
近所のパティスリーなんだけど
大盛況で夕方になるとほとんど残ってないのよー。
バケットも塩の加減と 皮の香ばしさがすばらしかったよ。

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月17日 (木曜日) 18時22分

ぶうやんちゃんの今、がそのまま伝わってくる素敵な日記。

良くも悪くも、とてもストレートな感情に向き合う感じなんだろうね。日本にいるときと違ってね。

そういう局面で自分の真実がわかるってことはとっても大切なことなんだと思う。

そして、それを安心して気持ちをゆだねられる存在があることはほんとに素敵。

どんどん、良い経験をして成長していくぶうやんちゃんが感じられたよ~♪

投稿: dona | 2010年6月18日 (金曜日) 22時36分

donaさんへ☆

こんにちは!
コメントありがとうございますー♪

donaさん、ブログ読んでくれてありがとうございます。
パリにいて、今は 長い間に積もり積もった
いろんな感情の氷が ゆっくり溶けていってるような
感じがします。
そして、そのさきに、
今まで 見えなかった景色が見えそうな
そんな気がするのです。。。
だから目をそむけないで 過ごしたいなっておもいます。

成長…
どんなんでしょう~笑

10年後の自分が今を思い返したとき
あの頃があったからって
思うことができるのかな、と 少しおもいます。


この週末 パリは ほんとうに とっても寒いですー。
でもでも、ちょっとした 楽しみをみつけては
気持ちは ほかほかしてま~す♪

投稿: Le petit bonheur | 2010年6月20日 (日曜日) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430999/35247391

この記事へのトラックバック一覧です: パリのお父さん:

« ある日のリュクサンブール | トップページ | パリの音楽祭 »