« 風船と追いかけっこ | トップページ | パリのうずらが丘へ A la Butte aux Cailles de Paris »

わたしのパリの日々 Les journees de mon Paris

1

Parisから戻ってまいりました!

 

パリで過ごした約一カ月は
わたしにとって、
いとしくて、大切な日々でした。



ここにいると、さまざまな感情が 強く呼び起され
心の泉の中に より深く、より広く
響いてくるような気がします。

 

しばらく パリでの日々を
このブログに書いていきたいなとおもいます。
もしよろしかったら
どうか お付き合いくださいませ!

   

 

今回の滞在はアパートを借りず
一か月ずっとホテル住まいに。

 
ですが、変化をつけるために
約10日づつ、ホテルを3箇所にわけて
滞在することにしました。



一つ目のホテルは13区
2つ目は6区
最後は16区

 
同じパリの中でも
地区(カルティエ)によって 本当に雰囲気が変わるので
おもしろいです♪

 
 

パリに着いて翌日、
まずは思い出の公園


5区にある パリ 植物園に。
(Le Jardin des Plantes de Paris)

ここは2年前に 1カ月借りていたアパートの近所で
何度も足を運んだ公園です。

 

植物園という名前から想像できるとおり
中に入ると  うわ~っと
緑やお花が広がっています♪

 

2

 

4月の中旬は まだかなり 寒かったけれど、

色とりどりのお花をみていると 元気がでます♪

3

5

鉱山植物のスペースも。

8

7

6

植物園の中には

動物園も入っています♪
 

10

 

鹿さんたちの お尻が
たまらなく かわいいですよね(*^_^*)
 
 

ここに何時間いたのでしょう。
こうして公園にいると ついつい長居してしまいます。
緑に囲まれ のほほんと 過ごす
こんな時間が本当に だい好きです。
 

15

 

それから翌日
フランス人のお友達と1年ぶりに再会したときのこと。
(この時、湧きあがった 感情と向き合ったことで
その後の日々が がらっと変わりました。
ちょっぴり 恥ずかしいのですが 書かせてもらいますね。)
 


3年前にパリ留学したときに知り合った お友達。
(この年に、フランス人のお友達が数人できて、
今でもとても仲良くさせてもらっています♪)



お友達は、フランス人なので
会話はフランス語です。
(もちろん日本語は話せません!)



わたしはフランス語の勉強をはじめて
6年くらい経つのだとおもいますが、
(とは言うものの、実は あまりまじめにやっていません^^;)
3年前、パリに留学した頃から
ようやく ようやく 少しずつ
会話ができるようになったかな?という程度。

 

お買い物やレストランなどでの会話と違い
やっぱり 友人とのおしゃべりでは
会話する時間も 深さも全く違っていて。
毎回  自分の会話のできなさ
表現の乏しさに
落ち込んでしまうことが よくあります。。。

 
伝えたいことが 伝えられない
もどかしさと不甲斐なさ。。。

4

 
この日も 友人との会話で 伝えたかったことが
おもうように言えずに 
帰り道 ひとり がっくりと 落ち込んでいたわたし。。。
 


(ですが、友人は そんなことは まったく気にしていない様子。
むしろ、楽しんでくれているようでありがたいのですが。
落ち込むのは、わたしの心の問題なのです (笑))

 

そんな、沈んだ気持ちのまま、
確か その友人の家のちかくに
昨年 行きつけにしていたカフェがあったはず、と
思い出して、向かってみました。

 

そして、みつけました。
去年パリ滞在中の1カ月のあいだ
毎日のように通っていたそのカフェを!
 


この通りにはいくつかカフェがあるのですが
ここだけいつも 大賑わい。
よい気が流れているのかもしれませんね^^

 

Coutume Cafe
Address: 47 rue Babylone, 75007 Paris

11

 
カプチーノを注文して
ほっと一息。
それから、
自分の感情をもう一度整理してみました。
 

ぐるぐるぐる、と
先ほどまでの友人との場面を思い出し、
ぼんやりと、カプチーノの泡をみつめるわたし。

12



しばらくの間ぼけーっとしていると
なんだか、頭の中に 白い煙のようなものが
下のほうから湧きあがってきて。
そして、このままではイヤだなぁ、
楽しくいたいなぁ
ハッピーでいたいなぁ
って、そんな想いがむくむくと湧きあがってきて。



そして、はっと気がつきました。
自分で勝手に落ち込んでいたことに(^_^;)
わたしがうまく話せないときでも
優しい 友人は いつだって笑っていてくれていたのに。
ひとりで勝手に慌てて、
一人で勝手に落ち込んでいたのですよね。
ふふふ(笑)
 
 

うまく出来なくったっていいじゃない?
焦っても よけいに ダメになるばかり。
だったら、笑顔で 出来ない自分を受け入れようと♪


そうおもったとき
心がふう~っと軽くなったのがわかりました。
そして、この瞬間から、
すべてが変わりました。


友人と会話することも 楽になって
心から楽しい、とおもえるように(*^_^*)

 

この時間があったことで
この後の友人たちとの時間や
パリで過ごした日々が
ガラリと変わった気がします。



海外にいることで、いつも以上にナーバスに
なっていたこともあるかもしれませんが
でも、自分の考え方のクセと
ダイレクトに向き合えた
とっても大切な機会でした。



もしまた、落ち込みそうになっても
こうして、
自分で自分を励ましていきたいなぁとおもいます^^

(本当に子供ですね。
わたし。おはずかしい!)

13

  
そんな訳で、この後のパリ滞在の日々は
とっても 軽やかで楽しい日々になりました。


その日記は また後日
書かせてもらいたいなとおもっています☆



長くなってしまいましたが 今回はおしまいです!
ここまで読んでくださったかた、
本当にありがとうございます。

|
|

« 風船と追いかけっこ | トップページ | パリのうずらが丘へ A la Butte aux Cailles de Paris »

PARIS」カテゴリの記事

コメント

自分を見つめなおす機会って人が成長するには必要だなーって思います。私はいつも見つめなおしです。。。くだらないことで悩んでいた自分が笑えるようになると、なんかちょっと大人になれた気がして・・・うれしくなります(*^_^*) ル・プティ・ボヌールさんでも、そんなことがあるんだなって思ってちょっとうれしくなりました!

投稿: まんまみあん | 2012年6月19日 (火曜日) 23時24分

まんまみあんさん☆

コメントありがとうございました(*^_^*)
ほんとに、ほんとに、そうなんですよね。
見つめなおす機会って大切ですね。
このときも、今のわたしに足りないことが
こうやって起こった(用意してもらった?)のだとおもうし、
もしこの時避けても、またきっとそういうときは来るんじゃないかなぁとおもいます。きっと、何度でも。
色々な場面があるとおもうけれど、
なんとなく、真正面から 緊張して向き合うというよりも、
心をオープンにして、そこに溶け込むような、
ふっと受け入れるような感覚のときって
自然に流れていくような気がします~。
(うまく言えてないですねっ。。。)

ところで、わたし、見つめなおすことたくさんですよ~。
だから、はい、
コツコツと、いきたいとおもいます(^^)

投稿: Le petit bonheur | 2012年6月22日 (金曜日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430999/45371594

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのパリの日々 Les journees de mon Paris:

« 風船と追いかけっこ | トップページ | パリのうずらが丘へ A la Butte aux Cailles de Paris »